株式会社ブイエムシー

  • 企業情報
  • 事業内容
  • 新着情報
  • 採用情報
  • VMCブログ
  • お問い合わせ
ホーム > 企業情報 トップ > コラム > 初めてシリーズ > 初めて④-オリジナル日本語ドキュメントを作成(2002年)

企業情報

初めてシリーズ

初めて④-オリジナル日本語ドキュメントを作成(2002年)

「初めてシリーズ」の4回目、日本語ドキュメントの作成です。

CarSimはシンプルで使いやすい、敷居の低いソフトでしたが、ライセンスと一緒に送られてくるユーザーズマニュアルは英語だったため、初めてお使いいただくユーザー様には導入説明が必要でした。
最初のころはお客様も少なかったので、初回導入のお客様には訪問してインストールから使い方の簡単な説明までをサービスで実施していました。
が、だんだんお客様の数も増えてきて客先での導入サービスが困難になってきました。

そこで、「インストールマニュアル」と自習用テキストの「チュートリアル入門編」を作成し、製品に同梱しました。 これが初めて作成した日本語ドキュメントで、開発元のユーザーズマニュアルを基にして導入サービスのために作った資料を基に、作成したものです。

 また、制御系開発ソフトのMATLAB/SimulinkとCarSimを繋いで使われるお客様が多いことから、チュートリアル実践編として「SimulinkによるCarSimモデルの拡張」を作成しました。これらは開発元の提供する英文のマニュアルにはなかった、完全に日本初のオリジナルなドキュメントでした。さらに、ユーザーズマニュアルの日本語翻訳版も作成し、合わせて日本語ドキュメントCDとして日本の保守ユーザー様に提供しました。

当時の英文ユーザーズマニュアルは、すべてのリファレンスが一つの Wordドキュメントで作られていてページ数が300ページを超えていたので、翻訳作業とともに編集作業が大変でした。
しかし、苦労して作った日本語版ユーザーズマニュアルが初めて完成した時は達成感もひとしおでした。またソフトの内容を理解する上でも大変良い勉強になりました。

CarSim日本語ドキュメント.jpg     日本語ドキュメント第1号                 

その後、開発元も初心者向けに「Quick Start Guide」等を作成した他、各種リファレンスマニュアルやTechnical Memoなども整備したこともあって、今では初心者からヘビーユーザーまで幅広いニーズに合わせて各種ドキュメントを充実させてきています。

ページの先頭へ